Transifex IntegationモジュールでOdoo日本語化作業を効率化!

翻訳作業が少し楽しくなります

Yoshi Tashiro

Odooの最新バージョン11.0には、Transifex integrationというモジュールが追加されています。

image


こちらをインストールすると、翻訳対象用語の画面に、Transifex画面を開くリンクボタンを表示するカラムが追加されます。

image


ボタンをクリックすると、ソース用語とモジュールでレコードに絞込がかけられた状態でTransiexの画面が開きます。

image


これまでは、


・Odooの画面で翻訳が必要な部分を特定

・Transifexでモジュールやソース用語を指定してレコード絞り込んで、翻訳更新

・定期的にGitHubのOdooレポジトリから最新コードを取得して、作業DBの翻訳を最新化


ということをやっていたのですが、このモジュールを使うことにより、


・Odooの画面で翻訳が必要な部分を特定

・Odooの翻訳対象用語画面で、翻訳更新

・TransifexへのリンクボタンからTransifex画面を開き、翻訳更新(コピペ)

(ローカルで都度翻訳更新しているので、最新コードを取得して翻訳最新化しなくても、作業進捗が追いやすい)


という手順に切り替えることができました。


それほど根本的に作業の手間が減るようなことでもないのですが、作業を進めるごとに手元のDBの日本語を整えていくことができ、作業精度も若干上がるので、個人的には結構気に入っています。


当社はこれからもオープンソースコミュニティでの活動を通じて、価値を生んでいきたいと思います。興味を持たれた方はぜひ翻訳活動に参加してください!


関連記事:Odoo日本語翻訳チームへ參加しませんか? - Transifexを使って