Odooパイロット導入

自社とOdooの適合性を測るのに最適

価格: ¥ 396,000 / 55時間 (税抜)

Odooや当社サービスが自社に適しているか判断したいお客様向けの、お試し導入サービスです。
Odooのプロが本気で、Odoo導入のノウハウをお見せします。

要求分析、環境構築、データインポート、操作説明、アドオン開発等、
お客様のニーズに応じて作業スコープを調整します。

本導入の費用適正化、想定違い等のリスク排除に効果的です。

1.準備

お客様の現況や目標をヒアリング。Odooや当社サービスについての懸念ポイントをクリアにするためのスコープを策定します。

2.ご発注

作業スコープに納得の上でご発注いただきます。

3.作業遂行

時間内に最大限の成果を上げるべく作業を行います。お客様にも積極的に関与いただきます。

4.評価

Odooおよび当社サービス品質につき評価。当社からは、本導入に向けたプロジェクト計画書を準備します。

サービスご利用例

お客様のニーズに応じてスコープ調整

パターン1: 適合性判断

「Odooにあまり触れておらず、Odooのコンセプトや標準機能を理解した上で、自社にどれだけ適合しているのか判断したい」お客様向け

  • 専用トライアル環境準備

  • 主要業務についての要求分析

  • サンプルデータ(プロダクト、顧客、仕入先、部品表、勘定科目等)インポート

  • 分析結果に基づきトライアル環境更新(必要に応じて簡易な機能開発)

  • 業務シナリオに沿った操作説明

  • 本導入プロジェクト計画書作成

パターン2: 拡張性確認

「Odooの操作をある程度試して理解しており、どれだけカスタマイズ/機能拡張が可能かを確認したい」お客様向け

  • 専用トライアル環境準備

  • カスタマイズ要求を分析

  • 利用可能な第三者モジュールをご提案

  • アドオンモジュール開発

  • 本導入プロジェクト計画書作成

ここがポイント

業務システム導入にはユーザ・ベンダー双方に大きなコミットメントを要します。ユーザにはベンダーに支払うコンサルティング費用や開発費用の他、自社のプロジェクトメンバー確保にもコストがかかります。ベンダーもプロジェクト計画、要員確保、遂行、諸々の管理に大きな労力を要します。

ユーザにとってはシステムやベンダーがどれだけ自社に適しているか分からず、ベンダーにとってはユーザがどれだけ合理的か分からない状況でのプロジェクトへのコミットは、双方にとり大きなリスクが伴います。

結果、ベンダーはリスクを見越した高めの導入費用を提示せざるを得なくなります。それでも想定外の問題が発生し、プロジェクト開始後に「こんなはずではなかった」となることもよく発生します。

Odooパイロット導入は、小さなスコープでのOdoo導入を実際に体験いただく、「お試し」導入サービスです。

お客様は、大きなコミットの前に、Odooのコンセプト、機能、制約や、導入プロジェクト進行要領、当社のサービス品質がご確認いただけます

また、当社がお客様の事業や業務、要求内容をより深く理解するため、本導入費用をより適正に見積もることができます。

Odooのことはコタエルにおまかせください。

コタエルは日本はじめ世界各地でのERP導入を支援する、
オープンソース志向のOdooパートナーです。