Odoo 生産管理の主な機能

 多階層の部品表(BOM)を管理、MRPで調達予定生成し、製造オーダ・作業オーダで進捗状況を可視化。ロット・シリアル管理にも標準対応。生産管理オペレーションを一つ先のレベルに進めます。

機能 内容
個別受注生産 / 見込生産 個別受注生産と見込生産のシナリオに対応します。個別受注生産の場合は受注に紐付いて製造オーダが生成され、見込生産では再調達規則や基準生産計画 [*] の機能が使えます。
販売購買在庫会計との連動 他のOdoo機能とシームレスに連動します。受注と製造オーダの紐付け、在庫不足を受けての製造オーダ生成、製造オーダから調達生成・発注、製造処理と連動して会計仕訳生成。やるべきことを粛々とこなします。
製造オーダ、作業オーダ 作業区・作業・工順を定義することで、モノの面からステータスを管理する製造オーダを、作業進捗を管理する作業オーダと連動させることができます。図面をアップロードすると作業内容を視覚的に捉えることができます。
製造費用分析 [*] 製造オーダ毎の材料費・労務費・経費の分析をサポートします。
設計変更管理 [*] BOM(部品表)の変更、工順の変更につき承認プロセスを設けるとともに差分情報を管理します。関係者への変更通知もメール機能との連携で滞りなく行えます。

Odoo エンタープライズへの加入が必要です。

Odoo 生産管理紹介ビデオ

詳しい説明が必要でしたら お問い合わせはこちら