ようこそ!

このフォーラムはOdooに興味がある方はどなたでも参加いただけます。Odooに関する質問を投稿したり、質問に回答したりすることができます。

0

Auditlogモジュール機能紹介

By
Tim Siu Lai
on 2019/06/24 8:25228 ビュー

Auditlogとは何ですか?

Auditlogは、Odooデータの変更履歴です。ユーザーが操作したログを記録し、管理者が確認することができます。
一部の標準機能では、変更記録がチャター(画面下部の変更履歴)に表示されますが、記録対象外の項目も多数あります。




記録対象外項目のデータの変更履歴を追跡するには、Auditlogモジュールがおすすめです。
OCAリポジトリ: https://github.com/OCA/server-tools/tree/12.0/auditlog


Auditlogの設定手順

1. Auditlogに関するメニュー項目をアクセスするため、Odooの「開発モード」を有効化します。



2.  管理設定 > Audit > Rules を表示します。

Rulesの画面で、ログを記録したい対象項目を追加登録すると、Odooデータ変更履歴の記録を開始します。
記録できる変更履歴は以下の通りです。

  • 作成[Log Creates]

  • 読み取り[Log Reads]

  • 更新[Log Writes]

  • 削除[Log Deletes]



4. Rulesの新規登録画面で検索する「Model」の名称は、各画面のURLから確認できます。

  • ログを記録したいメニュー画面(例:「販売見積」)を開きます。

  • 画面のURL(アドレスバー)を確認します。URLの中に含まれる「model=xxx」の部分が、Rulesの画面で検索する「Model」の名称です。

    • 「販売見積」の場合は「sale.order」がモデル名です。