外貨を使用したいのですが、どこで設定すれば良いですか?

販売や購買の取引でいくつかの外貨を使用しているのですが、どこで設定すれば良いですか?

デフォルトで使用可能な通貨は EUR と USD のみなので(日本勘定科目テンプレートをインストールした場合は、JPY も)他の通貨を使うためには 会計 > 設定 > 設定 で「多通貨を許可」にチェックを入れる必要があります。

image

また、ユーザごとの設定も可能です。

設定 > ユーザ > アクセス権 から "Multi Currencies" にチェックを入れます。

image

為替差損益仕訳帳

会計 > 設定 に戻り、"Rate Difference Journal" を設定します。Rate Difference Journal は、為替レートが変化した際に、関連する勘定科目に対し差損/差益が記帳される仕訳帳です。

デフォルトで "Exchange Difference" が選択されますが、右のアイコンをクリックしたとき、

image

デフォルト借方勘定が「投資有価証券売却損」に設定されているかもしれません。これは間違いで、正しくは「実現為替差損」です。

image

通貨の設定

多通貨を許可すると、設定 に Multi-Currencies > 通貨 の項目が追加されます。ここから通貨の設定を行います。

image

たくさんの通貨がありますが、必要な通貨を選択して「有効」にチェックを入れます。

image

ちなみに、フィルタ で 有効 を選択しますと、必要な通貨以外表示されなくなります。また、お気に入り > デフォルト使用 で、このフィルターをデフォルトにすることも可能です。

image

V8では、金額の丸め精度が通貨によらず一致していたのですが、V9では、通貨の設定画面で丸め精度を設定できます。

開発者モードに入り、通貨の設定画面で "Rounding Factor" を設定します。

デフォルトの "Rounding Factor" は "0.01" ですが、日本円は最小単位が1円なので、"1."ですね。

image

通貨の記号や、記号の位置も、この画面で適宜設定が行えます。

通貨の丸め精度については、こちらの記事もご覧ください。

為替レートの設定

レートの設定は VIEW RATE から行います。

image

企業通貨のレートを "1" として、企業通貨に対するレートを入力するのが良いかと思います。

弊社の場合は企業通貨が HKD なので、 JPY に HKD に対するレートを設定しています。

image

エンタープライズ版ですと、為替レートの自動更新が設定で行えます。(Yahooファイナンスや、European Central Bankから情報を引っ張ってきています)

また、コミュニティ版でも、コミュニティモジュールをインストールすることにより可能ですよ!

もっと情報が必要ですか?

このハウツーはQ&Aフォーラムから参考になりそうな質問を抜粋しています。元の質問では参加者が質問、フィードバックを行うことが可能です。

元の質問に移動